ホメオパシーとは?

ホメオパシーは「人間本来の自然治癒力を高める自然療法」です。

通常の医療である対症療法は、薬を使って症状を抑えるという症状の一時的な緩和ですから病気は治りきることができません。しかし自然治癒力が高くなると自分で病気を自然に治す過程がスムーズになります。そして身体に無理なく「完治」につながります。病気は治りきることが大切なのです。

また、病気や症状の原因には「心の問題」もありますがホメオパシーではそういった問題も扱うことができます。

ホメオパシーは海外では一般的

ホメオパシーHomeopathyとは、「Homeo=同種の+Pathos=原因」という意味です。日本語では「同種療法」と訳されています。約200年前にドイツで始まり、ヨーロッパ、アメリカ、インド、オーストラリアなどでよく知られた自然療法です。イギリスでは英国王室の主治医も使用し公立のホメオパシー病院もあります。保険が適用される国もあります。海外セレブの愛用者も多いです。

レメディとは?

ホメオパシーレメディ

ホメオパシーでは「レメディ」と呼ばれる、直径3mmくらいの小さな甘い粒を口に入れてとります。
レメディは薬ではありません。独特な方法で作られるので有害な成分はまったく含まれず、赤ちゃんや子どもにもたいへん安全です。このレメディは口の中で自然に溶かします。レメディは液体やクリーム状のものもあります。


レメディキット

欧米では薬局などでレメディが市販されています。またさまざまな救急時に便利な「レメディキット」もあります。(写真は英国エインズワースのもの)
⇒ このキットのレメディ(42種類)について


ホメオパシーの使用例

上記のすべてについて、状態によってレメディキットのレメディを使うことは可能です。
ただし、慢性症状の場合は必ずご相談ください。

ホメオパシーの救急相談はこちら