クライアント様のご感想(原文のまま)

リューマチ(イギリス在住 Mさん)

ロンドン在住もうすぐ8年の主婦です。
今回は二度目の海外で、一度目の駐在中のドイツで膠原病になり、ステロイドやら、、数々の薬も体験、、、副作用やら、関節の変形、、、

その後日本に帰り、二年間日本の医者に通う。
その際以前言われていたエリトマトーデスからリューマチに診断を変えられる。
リューマチの薬を始める。

その後二度目の渡英!
ロンドンに来て3年目のころ、ホメオパシーの学校に通う友人を通じて、この代替医療に出会う。
自宅のわんこの椎間板ヘルニアが、レメデイーでみるみる良くなるのを目の当たりにして、とあるホメオパシーのセミナーに参加するようになる。

カウンセリングをうけて、西洋医学に疑問を感じ、担当のホメオパスの ”大丈夫?” という声をほぼ無視して、どんどん断薬の道に、、、

結果症状が悪化、、
友人でもあるホメオパスが、やはり薬の知識の豊富な畠山先生がいいのではと、先生のカウンセリングをうけるようになる。

以上がとりあえず、今までの経緯です。

現在は、年一回の一時帰国の際に、直接会って受ける以外は、SKYPEでの通信という形で、みていただいています。

まず以前とかわったのは、肩の力が抜けたことでしょうか。
先生の気さくで話しやすいキャラに後押しされ、自分の本音をぼろぼろと吐き出してしまいます。
フラワーエッセンスの効果のすごいことにも、驚かされました。

受験と思春期でいらいらしていた娘に関する相談にも、いつも的確に応じていただき、いろんな難局をくぐりぬけました。
母の心の平安の為には、まず家族の平安ですからね、、、!

以前私が別のホメオパシーで習っていたセオリーとは、若干の違いを感じます。
以前は、薬はよくない&症状は出し切る&好転反応があってもがんばる!!
というポイントに固執しすぎ、逆に症状を悪化させてしまい、苦しむ結果となりました。病気を戦いすぎていた、、のでしょう。

なぜか今は、何が何でも完治!!とか、頑なになるのではなく、自分のやりたいことをできるだけできて、穏やかな毎日を送る、、、それをテーマに、日々送っております。

処方されるフラワーエッセンスや、キネシオロジー、、はたまた、ただただ話を聞いてもらう、、、いろんなものがやさしく体に働きかけるのではないかと思われます。

まだまだ先は長いのですが、日々を楽しみながら、結果病気さんとうまく共存し、あわよくば、小さくなっていただければ、ありがたいなあと思っております。
それをテーマに、今は二度目のロンドンを楽しんでおります。
(現在小さいながらお花の教室もしております)


居眠り病(Fさん)

コンサル後しばらくしてから、家族が立て続けに不調になり、入院、手術で病院に泊まり込んだりして、家と病院との往復、お手伝いなどで、忙しくしていました。
自分自身も変化にとまどい、体調を崩したりもして、不安定な状態が続いてましたが、やっと最近落ち着いてきてほっとしています。

その間処方していただいたフラワーエッセンスはずっととっていて、 いつもだったらこういう状況にもう少し取り乱していたと思うんですが、不思議と肝心なところでは落ち着いていられて、自分でもちょっとびっくりしました。祖母の手術にずっと付き添って、自分にできる範囲でお手伝いをしていたのですが、自分にもできることがあるんだなあと思いました。

今は就職活動をしていて、なんだか前ほどクヨクヨしていない気がします。
考えがぐるぐるしたり不安になったりは相変わらずありますが、でも今はなんとかなりそうな何か前向きなものをが体の中に感じます。

先日2日間セミナーに行ったときに、いつもと違って長時間集中して勉強することができてすごく嬉しかったです。
今は学校も仕事もないので、他人と自分を比べてしまうこともなく、自分のできなさにフォーカスしなくてもいいし、プレッシャーもないから、調子もよくて、そういうことが自分の体調に大きく影響していたのかなと思いました。
なんだかこの調子だと大丈夫な気がしています。
調子がいいので、このまま仕事を始めてみて様子をみてみます。
ありがとうございました!!!


おでき(急性症状)(Dさん)

上の子の左頬に大きなおできができた時、電話をしてみてもらい、スーヤ(Thuja)を指示通りとらせました。
すると今まで腫れているばかりだったおできの中のものが出てきて小さくなり、無事になくなってしまいました。目にみえる変化にかなりビックリ!
その他にも、妊娠中に私が体調崩した時もとるレメディを教えてもらい、おかげさまでかなり早くに体調が戻り助かりました。